The ring is the letter and the letter is the ring.

ジュエリーとタイポグラフィーの調和を⼤切にし、フォルムと機能性の境界線へと挑むリングを作り続けている。2012年にパリでスタート。古くからあるシグネットリングを敬いものづくりを⾏う。
デザイナーは、ニューヨークとパリを拠点に暮らすドイツ出⾝のPhilipp Eberle。
BoucheronやMartin Margiella、Ann Demeulemeester、Vetementsでの経験を持つ。
全てのリングは925/000シルバーを使い、プフォルツハイムの最⾼級の⽣産⼯場にて⼀点⼀点⼿作業で丁寧に作られている。プフォルツハイムはドイツ南部に位置し、ヨーロッにおける宝飾産業の中⼼地として知られている。Philipp Eberleはプフォルツハイムデザイン⼤学ジュエリーデザイン科にて学位を取得。そのため、プフォルツハイムにおけるジュエリー作りへのパッションを熟知し、尊敬してやまない。⼀流の職⼈によって作られるTHE LETTERINGのコレクションは、⾝につける⽅にとって⽋かすことの出来ない最⾼の⼀点となるよう想いを込めている。

GET IN TOUCH

HEAD OFFICE

SALES & PR:

JAPAN

showroom SESSION

SALES:

PR:

www.showroom-session.co.jp